読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淫フィールドフライ

アクセスすなーーーーーっ!!

ファストフード店アルバイトは人糞の処理もする

はじめに

初体験、というものはいつだって記憶に残るものだ。

時には甘酸っぱく、時には悲しく。

大学生という身になってもまだまだ人生経験は浅く、この年になっても初体験というものは珍しいものではない。もちろん、世間一般に言われる『初体験』というものは僕には到底達成できないだろう。あれはソロプレイではできないから。

 

なんだか妙に気取っていますが、今日の記事は本当にクソです。クソ記事です。

タイトルの時点で臭いがぷ~んと漂っていますね。

食事中にこんな読者数1のブログを読む方は絶対にいないでしょうが、一応注意してくださいね。大丈夫です、そんなにキツくないんで。

 

 

以前にも何回か書いたが、僕はファストフード店でアルバイトをしている。

高校時代からやっているのでもう4年目になる。そのため、いわゆるバイトリーダーみたいな地位に成り上がり、時にはほかの店へ応援しにいくこともある。

 

こないだの日曜日、隣の市の店へヘルプにいった。なんでも新しく店舗がオープンするから、その大盛況っぷりに負けないようにいろんなお店から精鋭を集めるらしい。

これは腕が鳴るぜと意気込んでヘルプに行ったが、お客はスッカスカだった。そのお店の店長さんが「こりゃ笑うしかないよ」とか言ってたが、目は笑っていなかった。

 

夜12時に閉店し、僕らも退勤した。そのまま家に帰ってもよかったのだけど、明日からのシフトを確認するために自分の店舗に寄ったら、閉店後の店内とトイレの掃除を頼まれた。

親しいメンバーだし、時給も割増だし、二つ返事で快諾した。

 

手始めにトイレ掃除から始めようと思い、洗剤片手に男子トイレのドアを開けると、異様に臭かった。いやまあ、トイレっつうのはそういうもんだろと思われるかもしれないが、なんか鮮度が良いのだ。

今まさに悪臭の根源がありますよ!

そんな感じだった。におい、産地直送!といったところだ。

 

おおかた大便を流さないままにしてあるのだろう。自分のクソも流せないってどんなクソ野郎だよ、とクソつまらないことを思いつつ便座のフタを開けようとしたときに、視界に水色の布みたいなものが入ってきた。

トイレの床の上に水色の布。見たことない。落とし物だろうか。

すでに8時間働いた後で集中力のかけらもない僕は、素手でその布に触れた。

その刹那、脳に電流が流れた。

 

これ、パンツだ。

 

一瞬で目が覚めた。これ、パンツだ。

 

頭の中がフル回転していて、まるでテレビドラマのガリレオみたいだった。

f:id:zounosippo:20161011232319j:plain

パンツに触れたその瞬間、僕は一瞬だけ福山雅治になった。

 

運動部の男子高校生が履いていそうな、ビビッドカラーでちょっとテカっていながらもかなりの伸縮性を持つ少し地厚のボクサーパンツだ。

 

指先から脳へ刺激が伝わり、判断してパンツから指を離すまでにここまで鮮明に描写できたのは決して僕が男子パンツフリークなのではなく、家で兄貴がこういうのを履いていたからだ。それだけは弁解させてほしい。

 

さて、僕の福山雅治タイムはまだ終わらない。

この謎のパンツと、さっきの”鮮度の良い悪臭”――。

これらが示す答えはただ一つ。

 

ブツ入りだ!!!

 

ウンコ in パンツ on 床だ!!!

 

この水色の布もとい下着は大規模な土砂災害に見舞われていた。

汚れていない部分を持ってパンツをそーっと持ち上げると、床にまあ、ベッタリだった。

ウンコとパンツ。いつもそばにいるのに決して出会うことのない両者が、ここファストフード店のトイレでようやく熱い抱擁を許されたのだ。そんなわけあるか、ウンコはトイレにしろ。

 

4年間働いて始めたみた!他人のウンコ!!!人糞!!JINPUN!!

何故か少し興奮していた。急いでほかの店員を呼んだ。

「おい!!トイレにウンコまみれのパンツあるぞ!!」という声が閉店後のフロアに響いた。『マジか!!見せろや!!』『クソ野郎が!!!』とみんな興奮していた。

なんだこの店、ファストウンコ店か。

 

わしゃファストウンコ店のバイトリーダーか!

 

ひとしきり騒いだ後、処理を始めた。ゴム手袋をはめ、左手に洗剤、右手にブラシを持ち顔にはマスクをした僕は「行ってくる」と一言だけ伝えてフロアを後にした。

世界一ウンコ臭い背中がそこにはあった。

 

まず諸悪の根源である汚物付きのパンツを捨てた。心を無にしてトングで掴み、2重にしたゴミ袋にぶち込んだ。

床にはやっぱりブツが残っている。悪臭が立ち込めるトイレの中で、僕はぐるぐる巻きにしたトイレットペーパーでまずそれをふき取った。

厚手のゴム手袋と何重にもなったトイレットペーパーのダブル防御だったが、その茶色の有機物の感触はとても鮮明に僕の左手に伝わった。初めての感触だった。

 

正直泣きそうだった。吐きそうでもあった。

 

なんで俺は、齢19にして赤の他人のウンコを処理しなくてはならないのか。

ファストフード店のアルバイトは、こんなことをする必要はあるのだろうか。

お昼の大混雑に慌てて、クレームの対応に怯え、横柄な客にペコペコして、”笑顔が少ない、感じが悪い”と怒られ…。

 

950円の価値があるとされる僕の1時間は、常に不安や焦燥が付きまとう。

 

なのにだ。さらに人糞の処理までさせるのか。950円で。

 

させるなよ。飲食店の店員に人糞処理を。雇用契約書に「人糞処理」なんて書いてなかったぞ。

だいたい人が口に入れるものを作っているのに、どうして体から出たものまで扱わなくてはいけないのか。飲食物の定義広すぎない?

 

『お客様、ウンコの処理はこちらでいたしますので、どうぞごゆっくり^^』

こんなことあってはならない。

客は商品にお金を払い、店はお金をもらって商品と最低限のサービスを提供する。これは対等な関係だ。金を払っているからと言って理不尽に怒ってはいけないと思う。

もちろんこれはウンコについてもだ。

店はトイレを提供し、客はウンコを便器にインさせる。そして流す。こういう関係。

 

話がだいぶそれてしまったが、結局のところ、

大の大人が大を漏らすな!!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

女に足を踏まれることは必ずしも良いものではない

昨日、電車で女に足を踏まれた。立っている人が数人いる程度の混雑だったので明らかに故意だ。

 

その女は僕がすでに座っていた隣の0.8人分くらいの微っ妙なスペースに尻をねじ込んできた。案の定狭かったらしくしきりに体勢を変えていたが、僕は気にせずウトウトしながら電車に揺られていた。気持ち体をシュッと補足して寝ていたが。

 

窮屈な上に、隣でクソキモメガネがキモ面さげて睡眠の快楽に溺れているのが気に入らなかったのだろう。女は肘で複数回攻撃してきた。エルボーだ。

 

えっ?

後から座ったのお前じゃん?俺体シュッとさせてるじゃん?

腕も足もピッシーってくっつけてるじゃん?

 

そんなことを思いながら乗っていると、大きな駅で女が降りた。

女が立ち上がりドアへ向かった瞬間、足を踏まれた。しかも強めに。

余りの驚きに「いや、普通に痛えよ」となぜかニヤついてしまったのを覚えている。

 

だいたい、「電車で足を踏む」という攻撃は『たまたま踏んでしまった』『誰が踏んだかわからない』などと言い訳できる混雑状況の時に使うものだろう。

言うなれば闇討ちだ。踏まれたほうも泣き寝入りするしかない。これが腹いせに足を踏むことの唯一の利点ではないのか。もちろん僕はしないが。

そんな闇討ち行為をタイマンと言っていいくらいクリアな状況でされたことに驚きだ。

しかも、何もしてませんケド?みたいな顔で。

いやいやいや、してるから。バレバレだから。

バレるんだったらもっと派手にやってくれや。罵声浴びせながら蹴るとか。興奮するから。

 

その後、沢山の人が乗ってきて、僕の隣の0.8人分のスペースには細身のおばさんが申し訳なさそうに座った。興奮はしない。

 

仲野先輩

先日から大学も始まり、すっかり体から抜けていた学生生活のリズムを取り戻すのに苦労している。朝8時の電車に乗らなければ遅刻なのだが、以前はよくもまあ起きられていたものだ。毎朝ヒイヒイ言いながら駅のホームに向かっている。

講義もより専門分野に進んでいき、内容も前期とは比べ物にならないくらい複雑になった。いままで集中せずにツムツムをやっていたツケが回ってきたということだ。

また、前に書いたように経済面がなかなかピンチで、今月と来月は週に4回程度バイトを入れた。これがなかなか厳しくて、働き終わって家に帰ると勉強なんかする気にならず、いっつもケータイをイジって寝るだけだ。

こんなこともあり、最近何の価値もないような日々を送っている。ただただ辛い、ただただ眠い。こんな感じだ。

 

しかし、そんな埃っぽい日々の中でのちょっとした楽しみを発明した。

日々の生活を日常系アニメだと思うことである。日常系なので、イベントをしたりとか恋に焦がれるだとかは一切しなくて良い。ただただ普段の生活を送って、「今、アニメっぽいな」と考えるのだ。

ここで大事になってくるのは”設定”である。普段の自身の生活にピッタリ合った設定でないと余計に『生き苦しく』なってしまう。

たとえば、舞台をバイト先のファストフード店としてみる。バイト先が舞台のアニメは、そんなにアニメ好きでもない僕でもいくつか知っている。自然だ。

妄想に費やす労力を節約するためにも、主人公はテキトーでいい。はじめてバイトをしてみた高校生とかでいいだろう。

たくさん仕事を覚えなくてはいけなくて大変だが、先輩たちはみんないい人だ。主人公がそう思う先輩の一人が、僕だ。仲野先輩だ。

ふつうのバイトとは違う黒のカッコいい制服を着ているのに、まるで威厳が感じられない。ポッケに手を入れ、背中を丸め、死んだ目をしている。

ダルい、とか眠い、とか言っているくせにお客様の前では丁寧な接客。昼時のピークでも、涼しい顔して商品を作っていく。これが、僕だ。

もちろんこれは設定で、脚色しまくりである。しかし、キャラクターが立っているので問題ない。

 

このアニメがニコニコ動画にアップロードされれば、『すげえw』『仲野先輩かっけえww』『マジレスすると全然仕事早くない』などのコメントがつくに違いない。

そこまで人気ではないけど、コアなファンがつくくらいは人気のキャラになりたい。

 

仲野先輩は結構サブキャラなので、登場回数は少ない。そのため、ちょっとしたことをエピソードに昇華できる。おどけながらも的確なアドバイスを主人公にしたり、バイトの愚痴をツッコまれたり、時には深い名言を残したりするだけで十分だ。

なんなら、無言で作業しているのを時間経過を表すちょっとしたシーンとして使われるだけでいい。ここでつくコメントは『先輩かわいそw』だ。

 

こんなことを考えながら時給950円をもらっている。こんな僕を雇うなんて『店長かわいそw』である。

実質マナーモード

バイト先の後輩の女子高生に、「個人からのLINEなんて1ヶ月に1回来ればいいほう」と言ったら『え”っ』と言われた。驚愕して見開いた目には侮蔑も込められていたと思う。

 

「私なんてもう50件も未読ですよ~」と彼女はケラケラ笑っていたが、それぐらいが普通なんだろう。

 

基本的に僕のトーク画面には『大学の仲良しグループ』、『バイト先の連絡用グループ』、『部活のグループ』、『オモコロ(毎日新着記事を送ってくれる)』の4つが鎮座している。これらの並びは多少変わるが、基本的に友達との1対1のトークはない。

その上これらのグループ自体も大して活発ではなく、1日の通知が公式アカウントだけだなんてのも珍しくない。

ちなみに最後の個人ラインは9月3日だった。

 

静かな暮らしって、いいですよね。

 

 

 

大学の友達がニューハーフ風俗で働いていた話

こんばんは。仲野です。

散々ヤバイバイと騒いでいた大学の試験ですが、なんだかミラクルが起きたみたいで再試験は1科目だけでした。やったね!

成績発表で久しぶりに友達と会いまして、楽しかったですネ、ええ。

 

あっ友達と言えば…、あの…大学の友達がですね…。

 

ちょっとタンマ。

え?タイトルの導入ムズくない?

どうやったらスルっとニューハーフの話題に持っていけんの?ローション必要じゃない?

 

前戯も済んだことですし、お話を進めます。

といっても、「大学の友達がニューハーフ風俗で働いていた」というだけであり、私なんかの文章力ではこれ以上加点される文に膨らませることは難しいです。

 

もともと「なんか変わった面白いヤツ」と思ってたので、この風俗の件を知ったときは

「へぇ~」って思ったし、言いました。

 

トリビアの泉で言ったら”5へえ”くらいです。

確認のVTRを観る前のタモリ会長くらいの「へえ」です。

(タモリ会長は採点が厳しい)

 

前兆はありました。まず髪を伸ばしてたんスよ。ヘアピンとかするようになってきて。

さらに本人がTwitterで女装ツイートしてたもんですから、この時から割と一部の学生で話題になってました。

 

そして最近、彼のLINEのアイコンが勤務先の風俗の宣伝画像になっていたので(この行為はホント不可解なのだが)、

プロ野球の試合結果を調べるノリでサクっと検索したらパリッと彼の女装写真が出てきました。セキュリティがザルすぎ。

 

出てきた彼女(彼?)のプロフィールを見たんですけど、驚きました。

 

チンコのサイズ載ってるんですよ。15cm。

 

なんなんだよ。友達のチンコのサイズなんぞ知りたくねえよ。俺が悪いけどさ。

今後彼と会うたびに、「こいつの股間には15cmのモノが…」と考えてしまう地獄のような思いをしなくてはならないのでしょうか?死にたくなります。

 

そんな思いに慄きながらもページをスクロールすると、彼の可能プレイの欄を見つけたんですけど、またまた驚きました。

 

「こいつ……アナル行けんのかよ!!」

爆笑しました。つーか可能オプション全部○じゃねえか。サービス精神旺盛かよ。

 

紹介コメントも面白すぎです。

逆アナラーの方もぜひ!』ってなんだよ。そんなの学校で習ってないぞ。

 

しかもブログやってるし!いいねもいっぱいついてるし!毎回コメントついてるし!

 

このブログより人気あるし!!!

 

クレカは後からやってくる

こないだまで8万円あった口座の残高が気づいたら3万円切ってた。

臭気判定士の受験料と先月のクレジットカードの支払いとその他モロモロがここ数日で一気に重なったのだ。

 

ATMの前で落ち込んだ。一年ぶりくらいに残高が10万円を超えるかも!と思っていた。

 

その足で生まれて初めてロト6を買った。当てる。

頑張り〼

いつかの記事で書きましたが、僕は資格を取るのが好きでして。

今年に入ってからもいくつか挑戦したんですけど、ついに絶対取りたい資格No.1の受験申請期間がやってきました。

 

臭気判定士です。みなさんこの資格知ってますか?名前がシブすぎる。

 

18歳以上の人ならだれでも受験できるれっきとした国家資格なんですが、知名度がクソ低い資格です。

臭気判定士が何をするのかは皆さんで調べてほしいんですが、一言でいうと、匂いフェチのプロフェッショナルです。

 

僕は一目でこの資格にほれ込んで、なんとか大学生のうちに取ってやるぞと思い、ついに今回受験することにしました。

 

が、勉強を始める前から問題にぶち当たりまして。

この臭気判定士非常にお金のかかる資格なんです。

 

さっきも言った通り、臭気判定士ってめちゃくちゃマイナーな国家資格なんですよね。

そのため、参考書や過去問が中古で出回ってないんですよ。

ネットで調べてみると、大きな図書館で参考書を借りてる人もいたんですが、そんなに大きな図書館なんて自宅近くにないわけで、結局正攻法の資格運営協会から取り寄せることにしました。

 

で、新品の参考書を買うことにしたんですけど、めちゃくちゃ高い

参考書が5,6と過去問5年分で3万円くらいする。鬼。

運よく大学の図書館に2冊ほど参考書があったので、2万円ちょっとで済みましたが…。

 

さらに、受験申込をするのに18,000円、免状申請するのに必要な嗅覚試験を受けるのに9,000円と一発で合格したとしても総額で5万円ほどかかる。

 

これが、知名度ゆえの問題です。

 

しかし、もう参考書も買ってしまったことですし、twitter臭気判定士取ると宣言しちゃいましたし、今日から頑張ります。

モチベーションを保つために勉強経過なんかを記事にするかもしれません。

 

僕の周りでも貯金するぞ!とか熱い目標を掲げている方がいますので、そのやる気をもらって11月の試験までやり抜きます。

 

応援よろしくお願いします。