読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淫フィールドフライ

アクセスすなーーーーーっ!!

【検証】女の子のシャンプーの香りを拡散させれば最高に気持ちよいのでは?

はじめに

みなさんこんにちは。仲野です。

さて、寒さ厳しい今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

気が付けば12月も中旬です。師走というだけあって皆さん忙しくて疲れのたまっていることかと思います。

かくいう僕も実験のレポートや試験勉強に追われてあわただしい日々を送っています。

 

そんなとき、誰もが『リラックスしたい…』『いいキモチになりたい…』と思うことでしょう。

リラックス法はいろいろありますよね。おいしいものを食べたり、好きな音楽を聴いたり、自然に触れあったり…。

僕のオススメのリラックス法は、アロマです!

f:id:zounosippo:20161218003815j:plain

ディフューザーという器具に水を張り、そこに良い香りのするアロマオイルを数滴たらすと、たちまちいい香りのする水蒸気が立ち込めます。

精油の種類もたっくさんあって、リラックスはもちろん、集中力UPや安眠効果などなど、いい香りがするというだけじゃないめちゃくちゃ優れモノなんです!

 

さて、この間いつものようにグレープフルーツの香りに癒されていたら、ふとこんなことを思いました。

 

『アロマオイル以外のいい匂いのするものを使えば、もっとリラックスできるのでは…?』

 

いままで僕は市販のオイル、それも先の画像の通り4種類の香りのみを楽しんでいました。もちろんそれらはいい匂いなんですが、精油以外にもリラックスできる”最高にいい匂い”があるのではないでしょうか。あるはずです。

 

”最高にいい匂い”…。はたしてそれは何の香りなのか。

今までに嗅いだいい匂いを思い出していると、ドンピシャのものが浮かびました。

 

女の子の髪の毛の匂い』です。

皆さんヤバいでしょう。これが童貞の思考回路です。

 

しかし皆さん、ドン引きしつつも共感していただけるのではないでしょうか。

女の子とすれ違ったときに微かに香る髪の毛の匂い。これはもう、”最高にいい匂い

でしょう。女の子の髪の毛ってなんであんなにいい匂いがするんですかね。

もし僕に彼女がいたら、1日一回は彼女の髪の毛に顔をうずめて深呼吸したいものですが、あいにく彼女なんてものは僕にはおりません。

 

したがって、何とかして女の子の髪の毛の匂いを自力で生み出さなくてはなりません。

 

 え?彼女がいるからいつでも嗅げる?

帰れよ!!ここはてめえみてえな野郎が来る場所じゃねえんだよ!!

カップルでイルミネーションでも見て来いよ!!!そんでTwitterにでも写真をあげてろよ!!!

 

取り乱しましたが、続けます。

難しく考える必要はありません。

髪の毛の匂い、それは夢のない言い方をすればシャンプーの匂いなのです。

 

つまり、アロマディフューザーにシャンプーを入れればいいんだ!簡単!

 

と、さっそく自分のシャンプーをディフューザーに入れようとお風呂場に向かったのですが、よく考えたらこれって”ホンモノ”じゃないですよね。自分のシャンプーなんですから。

 

「本当に女の子が使っているシャンプーの匂いじゃなきゃ意味ねえだろ!!」

 

f:id:zounosippo:20161218150131p:plain

女の子に使っているシャンプーを教えてもらう

 さて、ホンモノの匂いを求め僕は、友達のAさんに使っているシャンプーを教えてもらうことにしました。ちなみにAさんは、僕が20年生きてきた中で唯一の女友達です。

 

f:id:zounosippo:20161218003836j:plain

めちゃくちゃ早く返信が来ました。

f:id:zounosippo:20161218003839j:plain

単刀直入にお願いしたところ、ウケたみたいです。

f:id:zounosippo:20161218141323j:plain

すぐに教えてくれました。

「お願いがあるのですが」から10分です。

いや、俺が聞いといてなんだけどもうちょっと引かない?これけっこうありがちな質問なの?こっちがちょっと引くわ。

 

とにかくAさんの使ってるシャンプーの銘柄を知ることができました。

f:id:zounosippo:20161218141953j:plain

 しかも実物をいただけるようです。ここまで寛大な「いいよ!」を僕は見たことありません。

f:id:zounosippo:20161218142422j:plain

あとなんか、高校時代に一悶着あった女の子のシャンプーデータも教えてくれました。

正直思い出したくない黒歴史だったので、ものすごく複雑な表情をしながらこの返事を打っていたことを覚えています。

 

それにしても『他の女のシャンプーデータ』ってすごいフレーズですね。

おそらく後にも先にもこのフレーズを耳にするのは今回だけでしょう。Aさんの語彙力には驚きます。

f:id:zounosippo:20161218142827j:plain

ちなみに彼女は僕と同等の発想をしていたので、普通の人じゃないみたいです。

シーブリーズなら僕も持っているので、もしよろしければお譲りします。

 

そして後日、実際にシャンプーを頂きました。

f:id:zounosippo:20161218003834j:plain

なぜ塩の容器に入っているのかはわかりません。

左の白いものがパンテーンで、右の透明のものがロレッタだそうです。

フタを開けて嗅いでみたらめちゃくちゃいい匂いがしました。

この時点ですでにめちゃくちゃ興奮しています。

あと、調べたらコレめちゃくちゃ高いっすね。こんな高価なシャンプーも、変態野郎の鼻腔に入るとは思ってないでしょうね。ごめんなさい。

 

とにかく、この検証には必要不可欠な『女の子が実際に使っているシャンプー』を手に入れることができました。早速アロマディフューザーに入れてみましょう。

 

実際に匂いを拡散させてみる

 

方法はとても簡単です。

  1. ディフューザーに水を張る

    f:id:zounosippo:20161218170943j:plain

  2. シャンプーを数滴たらす

    f:id:zounosippo:20161218170941j:plain

  3. 電源を入れる

    f:id:zounosippo:20161218171000j:plain

    f:id:zounosippo:20161218170955j:plain

出た~~~!!蒸気出た~~~!!!

写真だと見づらいですが、しっかりと蒸気がモクモク出ています!

高鳴る胸を押さえて、その蒸気をしっかりと鼻で吸ってみると…

 

めっちゃいい匂いする~~~~~!!!!!

 

最高です。これぞまさしく夢にまで見た”最高にいい匂い”です。

シャンプーの匂いだけが香ります。一生ここで深呼吸できます。

 

これだけでもマジで気持ちいいのですが、これならディフューザーを使った意味がありません。

本来の目的である「部屋中にこの香りを拡散させる」ために、1時間ほど待ちます。

電源を入れたまま自室を後にして、リビングで実験のレポートを進めました。

 

1時間後、半ば興奮状態で自分の部屋の扉を開けると…。

 

超いい匂いするんですけど~~~!?!?!?!?

 

ここホントに僕の部屋ですかあ~~!!??女の子の髪の毛の中では????

f:id:zounosippo:20161218165009j:plain

ここはゆゆ式の櫟井唯ちゃんのおさげの中ですカナ~~???

 

とまあ、狂喜乱舞するほどいい匂いで部屋の中が満たされていました。

しかも、匂いもキツくなく、本当にちょうどいい微香といった程度です。

僕はしばらく放心状態で鼻呼吸を繰り返していました。本当に、本当に最高のひと時です。

この香りの中では、どんなに緊張しきった身体も一瞬でデロンデロンになってしまいます。実際、部屋の中でちょっとよだれを垂らしました。

やはりこの世で一番いい匂いは女の子のシャンプーの香りである、と確信しながらベッドに寝転びました。最高。

全身をこの匂いに包まれながらの睡眠はマジで涅槃に入る。

『いや~このままぐっすり寝られる』そんなことを思いながらウトウトしていると、大変なコトに気づきました。

 

寝る…?匂い…?

 

そうだ!!!!

 

よりよい睡眠をめざし

アロマは夜寝るときも効果的です。リラックス効果のある精油を使えば、不安や緊張を鎮め、ぐっすり眠れます。

そこで僕は思いつきました。最高の睡眠を得る方法を!

用意するものは、”霧吹き”です!

f:id:zounosippo:20161218171005j:plain

空の霧吹きを用意してください。今回は使い終えた消臭剤を使いました。

あ、もうわかっちゃった方もいると思いますが続けます。

この空の霧吹きに、シャンプーを少量入れます。

f:id:zounosippo:20161218171008j:plain

エロい。

 

そうしたらそこに水を少し入れ、よく混ぜます。あっというまに完成です。

f:id:zounosippo:20161218171022j:plain

上から見た図。当たり前ですが泡立ってます。

さて、このシャンプー水溶液を霧吹きに入れてどうするのかというと…

f:id:zounosippo:20161218171037j:plain

まず枕にタオルをひきます。もうお分かりですね。スピードあげますよ。

このタオルに…

f:id:zounosippo:20161218171043j:plain

噴霧!噴霧!ひたすら噴霧!!

タオルがちょっと泡立っても気にしねえ!!

そして…

f:id:zounosippo:20161218171050j:plain

嗅ぐ!!顔をうずめて嗅ぐ!!

ああああ!!!!いい匂いだあ!!Aさん愛用のパンテーンのいい匂いだ!!!

シャンプー最高!!パンテーン最高!!!Aさん最高!!!!

あスッゲ!スッッゲ!!これヤバいって!果てる!果てるよコレ!!!

ああああ~~!!!

 

アムロ、イッきまーーーーーーーーーーーーーーす!!!!!!

 

(スーツを着用しているのは、絵面の変態度を少しでも下げようという目的と、おそらくこの記事を見ているであろうAさんへの謝罪の気持ちの表れです。)

 

おわりに

皆さん、いかがでしたでしょうか。

やはり、この世で一番いい匂いは女の子の使うシャンプーの香りであり、それを嗅ぎながらの生活は最高に気持ちよいものでした。

Aさんにもらったシャンプーもまだまだ残っているので、当分は最高に気持ちよい毎日を送ることができるでしょう。

みなさんも、知り合いに使っているシャンプーを教えてもらって、この方法で最高級の”癒し”を手に入れてみてはどうでしょうか?

 

僕はというと、シャンプー水溶液でビチャビチャの枕に顔をうずめて長時間スーハ―スーハーしていたら気分が悪くなったので速攻で外に出ました。

さようなら。